株式会社青春

プロジェクト


ちびっこうべ 2018| KIITO

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)が2年に1度開催している「ちびっこうべ」





_____________________________________________

ちびっこうべとは?

「CREATIVE WORKSHOP ちびっこうべ」は、
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)が、
子どもの創造性を育むことを目的として、
2012年から2年に1度、小学3年生から中学3年生までを対象に
開催している体験プログラムです。

プロから本物を学び、みんなと協力して
子どものクリエイティブを育てる夢のまち。
クリエイティブとは「知る、考える、つくる、伝える」
というプロセスで育める力のこと。
ちびっこうべでは、プロから本物を学ぶ体験や、
子どもたち自身で夢のまちをつくること、
まちでの仕事を通して
じぶんのクリエイティブを育てていきます。

(ちびっこうべwebsiteより引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MEMORIにもお声がけをいただき、ゆめのまちオープン時のお仕事の一つを提供させていただきました。

カメラマンという職業はすでにあるとのことだったので、
ご提案し実現したのが「写真家」という職業。



「ちびっこフォトオフィス」と題し、参加してくれるお子様に簡単な写真レッスンをしたあと、
ゆめのまちで写真撮影をしてもらい、その作品を大人の方も見える場所で展示、即席写真展をしました。







1時間の中で「レッスン+撮影+作品にする」という無茶な企画でしたが、
無事に40人のちびっこ写真家が誕生!





写真展は保護者のみなさんにも喜んでいただき、
最後は作品を持って帰ってもらうという花樹研究所の東さんスタイルで。





即席写真展はイベントや学校行事などでも新しいコンテンツになりそうな予感がしました。

カメラを持つと、目を輝かせて周りのものをどんどん撮り出すこどもたち。
まちの中をただ夢中でさまよっている時とは違う、
客観的かつ丁寧な見方で見るまちは、また違ったものとして映るはずです。

そして自分たちのその視点をお友達や大人に見てもらえること、
どの子もその瞬間とても誇らしげな顔をしていたのが印象的でした。
様々なイベントや、お子様向けのワークショップとして、ぜひこの活動を広げていければと思います。


cafe + studio flat / graphic design

cafe + studio flat / graphic design








制作ツール:ロゴマーク /ショップカード/名刺/DM
client:cafe + studio flat
designer:Yuko Kawamoto


////////////////////////////////////////////////////////////

cafe + studio flat
奈良県北葛城郡王寺町畠田4丁目16-30
河原ビル2F
mail:flat.nara@gmail.com
http://flat-nara.com/

トータルディレクション cafe + studio flat

奈良・畠田駅の前にOPENする、ヨガスタジオ+カフェのトータルディレクション。

お店のコンセプト設定から店舗デザイン、ロゴ、各種印刷物デザインまで行わせていただきました。

概要について2回に分けてご紹介させていただきます。

store design


レトロなビルの2階、ほぼ同じ大きさの2部屋。
片方はヨガ教室などを行うスタジオ、
もう片方の電車が見える大きな窓がある部屋は、
ヨガに来る方や地元の方のためのカフェとしてオープンします。

楽しいアイディアや、やりたいことがたくさんあるオーナー様のお話をヒアリングしながら、
実際の店舗にハード・ソフト面ともに落とし込んでいく作業からご一緒させていただきました。




内装デザインはレトロなビルのイメージを活かし全体的にラフに仕上げています。
スタジオの床は、素足で歩く時の心地よさとともに、汗シミ等がつきやすい環境を配慮し、
オイル塗装が施されたオークの床材を使用。
真っ白の壁と天井に、柔らかな木の配色がとても気持ちの良い空間です。

カフェは、焼菓子のテイクアウト販売のため「菓子製造業」の許可がおりる厨房設計を行いました。
年季の入った足場板とスケルトン天井の組み合わせは、
どのような家具をおいてもカフェならではの独特の空間の良さを生み出してくれます。

また、内装デザインに加え、厨房設備の配置、照明や家具のアドバイス等もさせていただきました。











オーナー様ご自身、ご家族、お友達の方のDIYや、アイディアなども随所に散らばり、
完成した直後から、とても暖かい雰囲気の漂う素敵な空間に。

窓の外の電車をボーッと眺めながらいつまでもいたくなる、
仕事の帰りやふとした瞬間にフラッと立ち寄りたくなる、
そんな素敵なカフェが奈良に誕生しました。

////////////////////////////////////////////////////////////
2018.7.21 OPEN!!

cafe + studio flat
奈良県北葛城郡王寺町畠田4丁目16-30
河原ビル2F
mail:flat.nara@gmail.com
http://flat-nara.com/

>>next cafe + studio flat / graphic design

起業・創業支援ワークショップ



上牧町が主催する「起業・創業支援ワークショップ」にて
青春のこれまでの事業や取り組みをご紹介させていただきました。

地域住民の方々や上牧町役場のみなさん、
地元商工会や奈良県立大学地域創造学部の学生たち、
立場も年齢も違うみなさまと、コミュニケーションが計れたことは大変有意義でした。

起業や、地域活性に繋がる活動に関心はあるものの、
何から始めたらいいのか、また誰に相談したらいいのかもわからない…
という方が意外と多いんですね。

もちろん、バリバリの経営者は自分の力で切り拓いていくのかと思いますが、
小さく商いを始めたい主婦の方や、起業経験のないシニアの方を
相談・サポートできる仕組みが、この町にもあるといいですね。

そして、参加者の声を聞いていると
多世代交流の「場」を必要としているのかなと感じました。

各地方自治体でも課題となっている空き家の有効活用も含めて、
次年度は何か具体的なミッションを定めて次のアクションに繋げていけたら
今回のワークショップも、意味のあるものになりますね。

いずれにしても、ご年配の方から「もっとこの地域のために頑張りたい!」
という熱い想いを直接お聞きすることができて、大変感動しました。

年代問わず「やりたいことをやる」という純粋な動機を大切に、
その気持ちを折らせることなく行動を持続していただくためにも、
我々の立場でも何かアクションを起こしたいですね〜。


まずは、写真と街・青春スタジオ構想を形にしていくことが、
私たちらしい、地域への関わり方になっていくのかなと思います。

フォトコミュニケーション事業の領域をもっと追求したい。
写真の可能性をもっと、「行動」で伝えていけるといいな。


フォトウォーク

<青春スタジオcontents>

 写真で繋がる 町×人



青春スタジオ構想は、教育や社会福祉、地域課題へのアプローチなど、
誰でも楽しめる写真というツールを使い、街や人と繋がろう!というコンセプト。
これまで、「写真コミュニケーション」をキーワードに、様々な取り組みを行なってきました。
青春スタジオコンテンツの中でも、ぜひ皆様に知っていただきたいのがこのフォトウォークなんです。

青春スタジオ構想

元々、この企画は写真教室の1年に1度の「フォトカップ」というイベントでした。
ごちゃ混ぜの5名ほどのグループを10チーム作り、指令書に従い指定された町を撮り、
20Pの写真集を完成させ、その出来栄えを競い合おう!という写真教室内のイベントでした。

このイベントのgood!なところは

○小さなこどもからお年寄りの方まで、どなたでも一緒に楽しめる
○写真を撮ることで町を身近に感じられる
○自分の住む地域の歴史を知るきっかけができる
○町に住む人々と楽しくコミュニケーションできる
○参加者同士イベントを通して新しい仲間ができる
○チームで協力し、困難を乗り越えていくので大きな達成感がある
○撮った写真を発表することで、参加しなかった方にもその町の良さが伝わる

などなど、たくさん!!

下の写真は、地域の方にご協力いただき衣装を着ていただきました。
たった1日の即席チームなのに、町の方を巻き込んでこんな愉快な写真が撮れたりします!




誰でも簡単にはじめることができる"カメラ"を使って街を激写するフォトウォーク。

2017年には名張市様からご依頼いただき、
地域を再発見するための地域住民向けイベント「フォトウォークNABARI」を企画。
名張市役所や地域のみなさまのご協力のもと、2日間に渡り開催させていただきました。















「地域住民と触れ合うこと」
「地域課題に目を向けること」
「参加者同士の自然な交流」
「健康促進のためのプログラム」
「チームワークの強化」




盛り込めるテーマは本当に様々。

参加者のみなさんには写真の撮り方のちょっとしたコツと、
思いがけない出会いと、楽しかった思い出と、
それから新たな街とのつながりをお土産にお持ち帰り頂けます。

みなさんの街や地域で、フォトウォークを開催してみませんか?


■client:名張市
■企画/運営:TAMURA HIROSHI

フォトウォーク詳細
青春スタジオ

山と温泉



弊社も共同事業体の一つとして関わらせていただいている「山と温泉」。
現在は天川村の「山のいで湯 天の川温泉」と「薬湯 みずはの湯」の2施設を運営しております。
天の川温泉では青春が作ったオリジナルグッズやセレクト雑貨の販売をしており、
温泉とともにお買い物も楽しんでいただけます。
天川村は大阪からでも約1時間半で行くことができますが、
一歩足を踏み入れるとそこには別世界が広がっています。
皆様のご来館、ぜひお待ちしております!

【山と温泉】http://yamatoonsen.com
代表企業:谷林業
地域イベント開催:locpump
アートディレクション:株式会社青春(ロゴ制作・のれん/看板制作・物販企画/販売・紙媒体制作)
 







休日うら山フェスティバル チャイムの鳴る森



2014年から2016年の3年間、ナナツモリ近くの里山「陽楽の森」で開催した野外フェスティバル。
奈良の5大林家の一つである谷林業株式会社様と共同主催し、
今後の林業や放置された里山の問題などを一人でも多くの方に知っていただくとともに、
「体験」「体感」として、森の良さを知っていただくためのイベント。








会場となる「陽楽の森」自体の整備からはじまり、
「林業」「アート」「音楽」「お店/クラフト作家」を4つの軸に開催されたこのお祭りは、
こどもから大人まで森の中で1日めいっぱい遊んで、学べるイベントとなった。







1、2年目には「林業ショー」が行われ、
3年目には林業の盛んな「天川村」エリアができるなど、
通常のフェスやクラフトフェアなどとは大きく異なる側面を持ちつつ、
あくまで「楽しいお祭り」としての空気感を持った「チャイ森」は、
異業種が手を取り合うことで新しい化学反応が起こること、
そしてそのことが様々な問題解決の糸口になるかもしれないことを教えてくれた。


【開催概要】

主催:谷林業株式会社・株式会社青春
企画・運営:株式会社青春
開催期間:2014年5月〜2016年11月 毎年2日間
集客人数:約5000人
ロゴデザイン:STUDIO MITZ

リノベーションプロジェクト













リノベーションデザイン
新大宮のマンション

client:SOUSEI株式会社様
designer:HIROSHI TAMURA

アメカヒヨリカ

 

奈良の素敵なお店の情報を発信している青春発信のwebマガジン「アメカヒヨリカ」。
奈良で暮らすライターが見つけてきたこだわりのあるお店を
一軒一軒丁寧に取材し、美しい写真とともにお届けしています。

アメヒヨを見て、さぁ、奈良にLET’S GO!

http://amehiyo.com/

講演活動のご依頼



講演会のご依頼お受けしております。

【これまでの講演テーマ】

「+カフェの可能性」(谷林業・森のサロン)
「自分が暮らす街をブランディングする方法」(名張市)
「チャイムの鳴る森の作り方」(藤井寺市地方創生事業)
「里山の活用方法」(シブヤ大学・人に会いにいくツアー)
「青春事業/起業・創業支援ワークショップ」(上牧町)

 担当:田村広司


青春スタジオHP