株式会社青春

写真教室


<天川村の廃校><上牧町の空き家>を使って、写真展、行います




青春写真教室の卒業制作写真展の気合の入り方は尋常じゃない。

まず、なぜか「実行委員」がいる。

実行委員は「会計班」「設営班」「企画班」「宣伝班」などに分かれ、
しばしば集っては、夜な夜な「今年の卒展をどうするか」の話に明け暮れる。


2月に入ると毎日のように生徒が作品の相談に来て、
講師であり、青春代表である田村はその対応に明け暮れる。


あえて言うなら”たかが”写真教室の1年間のお披露目の場だ。
主婦や、会社員や、学生。
それぞれ自分のフィールドを持ちながら、あくまで趣味として通う写真教室。

けれど講師も生徒もこの「卒展」に全身全霊で取り組む。

生徒が作り上げる作品は、この1年間の「写真技術」の成果を表すものではない。

1年間様々な表現方法や技術を学んだ上で、
「自身が本当に作り上げたいものは何か」
「伝えたい胸の内は何か」
「作り上げることで達成することは何か」
そんなものと対峙し、悩み苦しみながら作品を作り上げていく。

青春写真教室は厳しい、と巷で言われる所以もこの辺りにあるのだろう。

けれど毎年の卒展を通し、これを乗り越えた時の生徒の喜びや達成感を私たちはこの目で何度も見てきた。

中には長年あった家族間のわだかまりが消えた生徒、
大切な人との別れを写真集を作ることで乗り越えた生徒、
自分自身を肯定できるようになった生徒など、
この作品作り自体が人生の節目となった生徒もたくさんいる。



もちろん、ただただ楽しんで写真を撮り、楽しい気持ちのまま
「どうぞー」と軽やかに作品を提出する生徒もたくさんいて、
それはそれで写真の楽しさをみんなに伝えてくれる。

結果としてそんなバラエティにとんだ「写真展」は、
写真に興味のない一般の方でさえ、ついつい見入ってしまい、共感してしまう、
「写真展を超えた写真展」なのだと、手前味噌ながら感じている。


さて、今年は二ヶ所の会場をキャラバンするという初の試みを考えている。

そもそもの発端は、2年前に苦労してリノベーションした倉庫の一部屋根が飛んでしまったから、という
なんとも切実な問題に直面したことから始まっているのだが、
結果としてこのことが面白い挑戦をさせてくれることになった。


一つ目の会場は青春が温浴事業に関わっている天川村の廃校、旧天川西小学校。
昭和17年に建てられた、総ヒノキの木造校舎は今も地域の方の手で美しく保たれている。






実は以前にも写真家の藤代冥砂さんをお招きしてこちらで写真のワークショップを行なったことがある。

美しい景色と、誰しもが懐かしさを覚える木造校舎は、撮影対象としてのポテンシャルも素晴らしかったが、
写真展示の場としてもとても魅力的だ。

交通の便が悪いことや、神戸の生徒はもちろん、奈良の生徒からしても「秘境」と呼べるような場所に位置するが、
この美しい村で「写真展を行なったこと」、そしてお客様からしたら「写真展を見たこと」は
きっと一生の記念に残る体験になると確信している。

トンネルを抜けた先に訪れる幻の二日間の写真展。

この体験を通して、多くの方に「天川村」が思い出深い場所になってくれればと願う。



そして2会場目はナナツモリのある上牧町の空き家「飯田邸」。





こちらは上牧町と奈良県立大学が行う空き家活用プロジェクトの一環として展示を行うことになった。
毎年多くの方が訪れる卒展がこのような形で地域の方とコラボし、少しでも地域貢献のお役に立てるならとても嬉しいことだ。

写真教室の卒業制作展は、内側から見ると我々株式会社青春の企業理念をダイレクトに表出させている大切なイベントであり、
外側から見ると様々な場所や地域の方を結びつけることができ、また集客力もある魅力的なコンテンツであると考えられる。


12年間続けてきたこの卒業制作展が今後どのような形で発展していくのかわからないが、
ぜひこの卒展に関わった多くの方が何か熱いものを感じてくれたら嬉しい。





今年も会場でお待ちしています。



旧天川西小学校

会期    2019年3月16日[土]-3月17日[日]
会場    奈良県吉野郡天川村大字和田477番地 てんかわ天和の里
時間    10:00−17:00(17日15:00まで)
アクセス    京奈和道路御所南ICより約60分



飯田邸

会期    2019年3月23日[土]-3月30日[土] 期間中無休
会場    奈良県北葛城郡上牧町大字上牧2576
時間    10:00−17:00(30日15:00まで)
アクセス    西名阪自動車道香芝ICより約12分


青春写真教室13期生 募集受付開始



青春写真教室代表の田村ヒロシです。

奈良校、神戸校ともに、写真教室13期生の募集受付がいよいよはじまりました。
これに伴い写真教室のwebサイトもリニューアルしています。

   青春写真教室webサイト 

すでに写真が好きな人はもちろんですが、カメラを持っていなくても、
新しい「何か」を探している人には写真表現は最適だと確信しています。 

現在、12期生の生徒さんは3月の卒業制作展に向けて絶賛自分と向き合い中です!笑 

生徒さん一人一人卒展のテーマを自分で決めるのですが
「何を撮りたいですか?」と聞くと、立ち止まって考えると案外悩んだりする。 

写真のスキルはもちろん大切ですが、
  世界の見方が少し変化したり、自分を見つめ直したり、大切な人を再認識したり、
会えなかった人に会いに行ったり、大切な友達ができたり。

写真を通して様々な発見があり、それに伴う様々な化学反応がおこります。

カメラや写真に興味がなかったかたにこそ、ぜひチャレンジしてもらいたいです!
奈良校、神戸校とも体験レッスンなども随時開講されるので、お気軽にご参加くださいませ。
(詳しくはwebサイトをご覧ください)


田村ヒロシwebサイト



株式会社青春代表で、MEMORIカメラマン/写真教室講師田村ヒロシが
撮影した写真webサイトができました。

http://www.tamurahiroshi.net/

MEMORI(神戸)で撮影しているお客様の写真とはまた違う、
田村ヒロシ個人の写真をまとめたwebサイトです。
特段深いコンセプトなどがあるわけではありません。
旅先やスナップなどのラフな写真でまとめています。

中でも、ぼくの大好きな祖母の最期を撮影した「GRANDMA」は、
ぼくがMEMORIをはじめるきっかけになった写真でもあります。
祖母の遺影にぼくの写真を使ってもらった時、写真をやっていて心からよかったと思えました。

http://www.tamurahiroshi.net/gal/grandma/

遺影写真とかシニアフォトって言葉はぜんぜんしっくりこないけど、
だれかの人生の最期の写真をぼくに撮らせてほしい、
今でも強くそう思っています。

スマホでご覧になる場合はそのままだと写真が切れてしまうので、
スマホを横画面にして、写真右上の⇅を押すと全画面に表示されます。
PCで見ていただけると一番嬉しいです。 

おひまな時にご覧いただければ幸いです。


六甲ミーツアート案内人



















六甲山を歩きながら現代アートを楽しめる、六甲ミーツアート。
7年連続写真教室で遊びに行っていましたが
今回、六甲ミーツアート2018のオフィシャルページにて
代表田村の主催する写真教室をおすすめフォトプランとして取り上げていただきました。

六甲ミーツアート2018オフィシャルページ

撮影/文章:田村 ヒロシ

いこまち親子写真部 kick off♪









親子で写真を通して地域の魅力を発見するプログラム
「いこまち親子写真部 」6月にスタートし、昨日2回目のWSを終えました🍉
(上写真は1回目の様子です、小紫生駒市長からの任命状が授与されました)

1回目は、カメラの基本的な操作と背景をぼかす練習でした。

いこまち親子写真部の成り立ち、詳しくはこちらをご覧ください。

7月は地元、生駒にある生駒高校で開催です。
雨にも負けず、こどもたちもたくさん写真を撮ってくれました☂️











今回のテーマはシャッタースピード。
早く動き回る人物にピントをあわせる練習です
生駒高校に全面協力いただき、部活中のアオハルな高校生たちの写真を激写しました!

↓↓





撮影を終えたら教室に移動して、それぞれ宿題発表をしました👍
(課題テーマは「日常」、そして背景をぼかして撮ってみよう!)

生駒市職員の若手ホープU氏とS氏との事前ミーティングで、
「こどもたちは写真撮るのは好きだけど、他の人の写真をただ見てるのは面白がってくれない。
普通に講評するのではなく、飽きのこない何か面白い仕掛けを考えてください!
あ、あと親同士こどもたち同士がコミュニケーションできるものにしてくださいね❤️」

という、スーパーむちゃぶりをさせていただきました(笑)







担当のふたりはこれに見事答えてくれて
「写真パズルゲーム」というチーム対抗のゲーム形式の
新しい課題発表の型を作り上げてくれました!

おかげで受け身の講評にはならず、こどもたちも積極的に写真に興味を示してくれて、
世代間交流も自然と生まれるきっかけになりました。
このゲーム、私の授業でも導入させていただきます❤️笑

生駒市さんとは「参加してくれるみなさんを楽しませたい!」という、
共通のビジョンを持ってこの事業に取り組んでいます。

もちろん、この事業は私たちにとっては遊びではありませんので、
きちんと目的を達成することは大前提です。

でも、目的を強制したり、ただ言葉で説明するのでは伝わりません。

参加者、職員、市民のみなさん、
この取り組みに関わる全ての人が「楽しい!」と思っていただくこと。
(不可能でもそれを本気で目指すこと)

これは絶対に外せないと確信していたので、担当するおふたりにはずいぶんと
無茶を言ったし、たきつけてしまった気がします。ごめんなさい!





ぼくの掲げる、フォトコミュニケーションプログラムの考え方に、
行政に携わる担当職員さんの「市民目線」という新たな視点が加わることで、
ぼくひとりで提供できる価値以上のものを創造することができるんじゃないかと感じています。

さらに、この取り組みには富士フィルムイメージングシステムズ株式会社様が
半年間に渡るカメラ提供という、最大限のバックアップをいただいています!
地域の小さな会社が企画立案し、行政が実行し、大企業がサポートする。
この構図は、フォトコミュニケーションプログラムにおいてはまさに理想形だと思います。

官民一体となり共通のビジョンのもと、
それぞれの得意なアプローチで目的を達成してゆく。

地域やこどもたちの未来のために、
いい大人が真剣に写真でみんなを笑顔にできないかを考える。

たかが写真、されど!!
ああ、この妄想でご飯5杯はいけちゃいます🍚

とはいえ、まだまだ修正は必要かと思いますが、
この事業に関わるすべての人の心に、何か温かいものが残ってくれたら嬉しいので、もっと頑張ります!!



そして。
8月11日にmemoriで写真と街、青春スタジオ構想(仮)スタディを初めて開催することになりました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

青春スタジオ構想

写真教室、地域発見フォトカップ(フォトウォーク)、卒展、
フォトフェス、福祉施設での撮影大会、日韓国際写真交流、こども写真教室などなど、

私たちがこれまで取り組んできた様々な写真コミュニケーション事業を総括し、
その本質をより可視化、再定義した入れ物を「青春スタジオ構想(仮)」とし、
ゆるくですが本格始動します。

写真を「いいね」をもらうために、自分のためだけにやるのは勿体無い。

ぼくの生徒たちを見ていると、写真も上手くて情熱と愛をたくさん持っていて、
そのパワーを持て余している人がたくさんいます。
生徒や地域のみなさまのポジティブパワーを借りて、
何か地域の役に立てることはないのか?と考えるようになりました。

困りごとを解決するぜ!とか大きなことは言いません。

写真の持っているなんだか底知れぬパワーを持って、
世の中に少しだけ笑顔が増えたらいいなあと思うのです。

そして、写真を通じていろんな世代、職業、国籍を超えて友達になりたいと思うのです。

成果物としての「写真」ではない、
写真コミュニケーションの可能性はまだまだ残されているように感じます。
人と仲良くなる力、笑顔にする力、癒す力、想像する力、 すべてを受け入れる力…

街や家、会社や学校や公園、森や海、どこでもOK。
人が集まれば、そこが青春写真スタジオです。

写真が得意な人だけが集まる場所ではなく、スマホで写真を撮るあなたももちろん仲間です。

子どもからお年寄りまで、誰でも参加できる街の写真コミュニケーション研究所。
ゆくゆくは、行政や企業も巻き込んでいけたら面白いなあと思うのです。

写真が街にできること。
未来のためにできること。

それらの可能性をみんなと考えるstudyを、神戸のMEMORIにて開催します。

※告知メッセージより抜粋

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



ぼくは残念ながら賢くないので、ひとりでできる限界があります。

例えば、教育、医療、企業、スポーツ、福祉、農林業、IT、マスコミなどなど、
さまざまな分野、年齢、国籍を超えて、
みなさまと意見交換しながら具体的なアクションに繋げていけたらと思います。

東京オリンピックや甲子園みたいな、目指し甲斐のある、
みんなの目標を掲げてみたいとも。

いこまち親子写真部は写真だけでなく、
例えばスポーツや音楽など色々な形で派生させることも可能だと思います。

そしてこの取り組みは、生駒市だけでなく
いろんな地域に展開していくのもアリだと勝手に思ってます。


いこまち親子写真部、そして青春スタジオ(仮)スタディの様子は
このブログでも発信してゆきますのでお楽しみに。


写真教室12期生START!!







奈良校(会場ナナツモリ)、1ヶ月遅れて神戸校(会場MEMORI)
こどもクラス、高校生クラス、初心者向けベーシックコース、中級コース(川本ゼミ)
全クラスがスタートしました♩
(今期の写真教室の募集は締め切らせていただきました。)

今期は両校あわせて80名を超える生徒さんが入校いただき、
過去最多の人数なので、特に合同授業など盛り上がりそうで楽しみです。

奈良校はカフェを併設しているので教室後のランチもできるし、たくさんの写真集があります。
また、周囲には森や大きな公園もあります。
神戸校はスタジオ併設なので単発でも色々な授業が展開できるし、
目の前は北野坂なのでフォトジェニック!すこし移動すれば海も山もあります。

周囲の環境も関わる人も違うので、今年はどんな化学反応が起こるのかわくわくします。

それぞれの特徴を活かした授業やコミュニケーションが生まれそうな予感がします!
写真教室のレポートもお楽しみに♩


いこまち親子写真部





生駒市様との事業「いこまち親子写真部」がいよいよKICK OFF!!

担当してくださる、いこまの魅力創造課の熱い熱い職員のみなさまと共に
弊社が企画・運営、デザインまで携わらせていただいております、
「いこまち親子写真部」の募集がスタートしました。

生駒市在住、生駒市内の小学校に通う、小学校4年生〜6年生が対象です。
引退試合とポスター展含む全6回のイベントです。

今回はなんと富士フィルム様の素晴らしいサポートをいただき、参加者1組につき1台
半年に渡って!!ミラーレス一眼レフの貸し出しをいただけることになりました!

すでに定員を大きく上回るご応募をいただいているようで、とっても嬉しいです。

生駒市のスーパー公務員大垣さんとこの企画を初めて共有してから、
たぶん2年越し?!でしょうか、、見事に実現してくださいました。

わたしの熱血コーチという設定、またこの設定に乗っかっていただき

生駒市長にも多少の演技をしていただく可能性があること…!!
市長や担当職員のみなさまが、市民のみなさまと本気で向き合い、
共有する喜びを知っているからこそ実現できた企画だと思います。

各地で地域活性のアイデアは色々とあるかと思うのですが、
これまでの写真教室の取り組みやイベント(名張市様とのフォトウォークNABARIなど)から
写真を軸にした地域コミュニケーションのアプローチは、
実はもっともっと大きな可能性があるのではないかと考えています。

写真を学ぶ→写真を撮る(時にはチームで協力して)→展示する(地域住民に見てもらう)

これらの取り組みを通して、
自分の住む地域の歴史を知り、地域愛の醸成と再発見、住民とのコミュニケーション
親子の絆、共同作業の面白さ難しさ…などなど様々な気づきがあるのでは思っています。

インプットはもちろん、アウトプット(表現)する楽しさを親子で共有しながら
ぼくも大いに共感しながら、この企画を進めていきたいと思っています。

ぼく個人として密かに期待するのは、こどもたちに親や学校の先生以外の
生駒市に関わる、いろ〜んな面白い大人たちと触れ合ってくれること!!
こんな楽しい取り組みが生駒市のバックアップの元、実現できることに深く感謝しております。
なんだかとても身が引き締まる思いです。
よいイベントになるように頑張るぞ〜〜!!!!!!!

client:生駒市

<掲載>reallocal神戸

見ているだけでもワクワクする物件にいつも心踊らされているR不動産さん
そのR不動産さんが運営するwebメディア「real local」
代表田村の取り組みをご紹介いただきました!

“青春”しませんか?株式会社青春 代表 田村広司

多岐にわたる取り組みを、とても丁寧に、
自分たちでも気づいていなかった鋭い目線で、
まとめていただいています。

real localは各地域の取り組みや、面白い人々、
その他にも様々な質の高い情報を届けてくれる、
とても素敵なサイトです。
「生き方」は自分で決める、そんなことを教えてくれたり、
そんな自分を後押ししてくれます。
ぜひ皆さんもご覧になってくださいね!


SOTSUTEN2018



第11回ナナツモリ写真教室卒業制作展、 
通称「SOTSUTEN」、今年も開催します。

初心者クラス41名、中級クラス7名、こどもクラス12名、
総勢60名による手作りの文化祭的写真展です。

今年のタイトルは「change!」です。

この写真は、当写真教室最年長の生徒さんによるセルフポートレートです。

写真教室に通って約10ヶ月、
写真の技術的な変化(進化)、心境の変化、価値観の変化。
それぞれの「change」をご覧ください。

会場は昨年同様、陽楽の森となりの広い空き地の廃倉庫跡で開催します。

生徒さんや先生たちとペンキを塗ったり、ゲートを作ったり、
今年も会場作りからせっせと活動しています。

この機会にぜひ、遊びに来てください。


■開催期間:3月16日(金)〜25日(日)
■開催時間:10:00〜17:00(期間中無休)
   3月17日・24日(土)は20:30までオープンします。
■会場:奈良県北葛城郡王寺町畠田2丁目101-1
○JR畠田駅より徒歩10分 
○西名阪自動車道香芝ICより車で10分(P有り)



はじめまして、memoriです。



この春、新しい拠点(お店)を神戸に作ることになりました。
青春にとっては、新規事業となります。

三宮から徒歩8分ほどの、
北野坂の中腹にあるマンションの1F。(タリーズの隣です)
奥まったところにある、2区画20坪弱の小さなお店です。

食と生産者をつなぐファームショップ 「EAT LOCAL KOBE」をはじめ、
シェアオフィス、アウトドアフィットネス、ギャラリー、カフェなど
ローカルなコーポラティブ・エコノミーのハブ「KITANOMAD」が、
ぼくたちの次のチャレンジの場所になります。

KITANOMAD

お店の名前は「memori」と言います。
カフェではありません、新しい形の写真サロン(写真館)を作ります。

①目盛り…相手や自分との距離を測る指標、距離感を見つめ直す機会を
②メメント・モリ…「自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな」(ラテン語)
③メモリ…データを記憶する場所、記憶装置

5月オープンを目指してあれこれ準備しております。

青春写真教室【神戸校】もここで開催します。

わたしがなぜこの時代に写真館を作ろうと思ったのか、写真で何がやりたいのか。
写真サロンて何? どんな写真を撮るの??

memoriの詳細は、またご説明させていただきたいと思います。

恐怖と不安と、それに勝る、湧き上がる喜びが混在中のへなちょこ代表ですが、一丁頑張ります!
内装工事などmemoriができるまでを、こちらでもご報告させていただきますね。

この春から、神戸でも青春をどうぞ宜しくお願い致します。
(もちろん、引き続き奈良でも頑張ります)

あ、春からのアルバイトさんも募集予定です。
何卒おてやわらかに!